スマホを狙った連続強盗事件、1カ月間で被害15件 2人の容疑者を手配捜査






ニューヨーク、ブロンクスで過去1か月の間に15件の強盗人事件が発生し、その犯行手口が同様のものであるとニューヨーク市警は7日、記者会見で述べました。

警察によると、事件は11月2日から12月6日金曜日迄で、すべてブロンクスの南西部で発生している事。 

容疑者は歩いていた被害者からiPhoneを盗んだり、1人の被害者からはデビットカードも盗んだ。

容疑者は、被害者の後ろのポケットに入っていた携帯電話を抜き取り逃走したり、歩きながら携帯電話を触っている被害者の手から奪いました。

被害は15件で、中には女性が顔を殴られて手に持っていた携帯電話を奪われたものもあり、また、2人の被害者は後ろから押されて携帯を奪われた。

被害者らの証言で容疑者は2人、年齢は15〜18歳位で、被害者の年齢は13〜51歳だという。

2019年12月8日


ニューヨークの★3つ星ホテル★ならお値段手頃

ニューヨーク日本人経営のゲストハウスで安心の旅行

add7 ニューヨーク掲示板でルームシェア&仕事を探そう。

ニューヨークへの語学留学は学校選びから始めよう!

0 件のコメント