NY ブルックリンのユダヤ人センターの建物前で放火、差別への嫌がらせか






ブルックリンのユダヤ人センターの建物(ヨム・キプール)の外でバックパックに放火した男をニューヨーク市警は捜しています。

警察は、男がバックパックに火をつけて、パークスロープのヨム・キプールの建物の階段に置いて去って行ったと伝えています。




ABC7NYによると、ユダヤ人センターのヨム・キプールの階段で放火が起こったという事実にもかかわらず、市警はこれをヘイトクライムとして事件を取り扱っていません。

事件の翌日の10日木曜日の朝、調査員は、監視ビデオに映っていた男を特定するために調査に取り組んでいます。

警察は市内のさまざまなシナゴーグに130人の警官と25台の追加の警察車両が配備されたと伝えました。

2019年10月10日


   

0 件のコメント