アパート自室を間違え、部屋に居た男性を殺害した元警察官に10年禁固刑






テキサス州、ダラスの裁判所で行われた裁判で、元警察官アンバー・ガイガー(31)が自分の住むアパートの部屋と勘違いし、侵入した部屋でありながらも、その部屋に住む罪のない男性ボッサム・ジーンさん(当時26)を射殺したとして殺人の罪で問われ有罪判決が確定。

10月2日、刑期を言い渡され、10年の禁固刑が確定しました。








ガイガー被告は「殺されると思いとても怖かった。神に許しを乞いながら、毎日、毎日、自分を憎んでいます。」 「自分の部屋に強盗が侵入したと思った。それは恐ろしく怖かった」と法廷で証言。







ダラスの裁判所で陪審員の1時間強の審議の後、午後4時前に判決を全会一致したと伝えている。当初は28年の求刑とも言われていたが、最終審議で10年の刑期が言い渡されました。







被害者のジーンさんの18歳の弟、ジャンさんが被害者側の証人の立場で有りながらも、ガイガー被告に対し「他の人と同じようにあなたを愛しており、あなたが腐敗して死ぬことを望んではいません。」とガイガーさんに直接、話しかけた。







続けて「家族の前でこれを言うつもりはありませんでしたが、あなたが刑務所に行く事さえ望んでいません。あなたの人生をキリストに捧げます。あなたの人生をキリストに捧げることは、亡くなった兄のボッサムがあなたに望む最高のものだと信じています。」

「本当に謝罪の気持ちがあれば私はあなたを許します。」と弟は心情を伝えました。




被害者の部屋



被害者の弟が直接ガイガーに話しかけた姿を見ていた法廷での被害者、加害者の家族の中には涙する者が多くいました。

求刑後の被告はテキサス刑事司法省に引き渡され、退廷しましたが、退廷前に被害者の弟はガイガー被告を抱きしめました。







何度、考えても納得行かない判決。 白人警官に有罪判決が下されただけ米国も少しは変わったなと思ったが。

部屋の中の様子が違うのが何で気づかなかった? 

部屋に間違って入り、自分の部屋と感違うするか?きっと酒を飲んでいたと考えられる。 でもダラスの警察はガイガーが酒を飲んでいた事など全く触れていない。

亡くなった男性は無念過ぎる、私が被害者ならこの女は無期懲役にしてやってくれと思うに違いない。

間違って人の家に入っておきながら、怖かっただと? 




ニューヨークの観光、学校、掲示板、ゲストハウス


ニューヨークへの語学留学は学校選びから始めよう!

0 件のコメント