9千万円の腕時計ひったくり=パリの高級ホテル前で邦人男性被害





パリ中心部の凱旋(がいせん)門近くにある高級ホテル前で、邦人男性(30)が約77万ユーロ(約9000万円)の腕時計をひったくられた。

フランス警察筋が8日、明らかにした。ただ、ひったくりは逃亡に際し、携帯電話を落としていったため、警察が身元の割り出しを急いでいる。

事件があったのは7日夜。男性は現場のホテルナポレオンを出たところで、たばこを所望する男に近寄られ、腕を押さえられて、たちまち奪われた。







被害品はスイスの高級ブランド「リシャール・ミル」の腕時計で、仏紙パリジャンによると、パリ一帯では今年、この腕時計を狙ったひったくりが既に4件起きている。

奪われた時計はスイスの高級腕時計ブランド、リシャール・ミル製。同社サイトによると、腕時計の外観部分には約270個のダイヤがあしらわれ、30個しか製造されていない限定モデルだという。朝日新聞(パリ=疋田多揚)







0 件のコメント