NY ブロンクスで連続窃盗事件、6人組のグループを指名手配






ニューヨークの警察は一連の強盗事件で、容疑者とみられる10代の若者のグループを探しています。 過去2ヶ月間に少なくともブロンクスで起きた4件の強盗に関与した6人がこのグループ。 (写真上)

最初の事件は、2018年12月14日金曜日、ブロンクスのウッドアベニューとペルハムパークウェイ・ノースで強盗事件が発生。

この事件では、グループが19歳の被害者を暴行し、彼を攻撃した後にiPhone、財布、バックパックを被害者から奪い逃走した。 被害者は軽傷で済んだが負傷。

次は、2019年1月18日金曜日の午後9時45分、ペルハムパークウェイ・ノースで大勢のグループが17歳の被害者を暴行し、iPhone、被害者が着ていたジャケット、財布、バックパックを奪い逃走。 

2019年1月28日月曜日に 22歳の被害者が、ウォレス・アベニューとペルハムパークウェイ・サウスを歩いていた時、10代と思われる男子グループに襲われ、iPhoneを奪われた。 被害者は軽傷を負った。

続いて、2019年2月3日日曜日の午後11時57分、ボガート・アベニューとペルハムパークウェイ・サウス付近で、35歳の被害者は大勢の若者に囲まれ、暴行された上、財布とiPhoneを奪われる被害があった。 男性は軽傷だと伝えられている。

容疑者らは、およそ15〜18歳、浅黒い肌で黒人または、ヒスパニック系だと被害者からの証言。

この事件に関する情報をお持ちの方は、NYPDのCrime Stoppers Hotline(1-800-577-TIPS)に電話してください。 警察は、すべての通報電話は、極秘であるため、通報に関しては名前が公表される事はありませんので、安心して下さい。

2019年2月11日(日)





Powered by Blogger.