チンパンジーのリムバニ君が里親と再会し感激シーンが可愛すぎる! Has gone viral





フロリダの動物学野生動物財団に住んでいるチンパンジーのリムバニ君(Limbani)が助けてくれた里親との再会で見せた心温まるシーンがビデオで公開され米国のニュースになる程、話題になっています。💓

マイアミの動物学野生動物財団(Zoological Wildlife Foundation of Miami =ZWF)が先月撮影したビデオは多くの人の心を引きつけました。

インスタグラムではビデオが公開されてから160,000以上のビューと40,000人近くの人がお気を入りをクリック。(7月1日の記録)




ビデオを撮影したZWFの担当者は、リムバニ君が、里親と再会した時の純粋な興奮と喜びは、見ているだけで幸せにしてくれます。」とビデオのキャプションに記しました。

肺炎を持って生まれたリムバニ君は母親のチンパンジーに育児放棄されてしい、財団は何とかリムバニ君を生かせたい気持ちで里親を探したそうです。

そこで里親になったタニアさんとホルヘ・サンチェスさん夫妻は、リンバニ君が肺炎が治り、元気に回復するまで数か月間預かってくれたリムバニ君にとっては命の恩人です。

財団はこう語っている「肺炎で生まれたリムバニは母親によって拒絶されたんです。」

 「人間の介入や現代医学がなければ、リムバニ君は今日ここにはいなかったと思います。サンチェスさん夫妻は数ヶ月間、一生懸命に面倒を見てくれて元気になったんです。」

里親だったタニアさんは、インスタントグラムの個人アカウントにビデオを共有し、「TRUE LOVE !!!!」とコメントし、リムバニの人生の一部となっている事に感謝しています。と喜びを語っている。



Powered by Blogger.