のぞみ265号殺傷事件、容疑者「むしゃくしゃしていた。誰でも良かった」





東海道新幹線の車内で乗客3人が殺傷された事件で、殺人未遂容疑で現行犯逮捕された自称無職小島一朗容疑者(22)(愛知県岡崎市)が、神奈川県警の調べに対し、「東京駅から新幹線に乗った。その前は長野県に行っていた」と説明していることが分かった。

被害者3人と面識はなかったとみられ、「むしゃくしゃしていた。誰でも良かった」とも供述。県警は無差別に乗客を狙ったとみて調べている。



自称無職小島一朗容疑者(22)

県警によると、9日午後9時50分頃、東京発新大阪行き「のぞみ265号」(16両編成)の乗客から「刃物を持った男がいる」などと110番があった。

のぞみが臨時停車した小田原駅(神奈川県小田原市)で、捜査員が車内に突入すると、小島容疑者が12号車で、30歳代の男性客に馬乗りになっていたという。







小島容疑者は、捜査員の指示には抵抗せずに無言で従ったといい、その場で現行犯逮捕された。  

この男性客は、首など複数箇所を切りつけられており、搬送先の病院で死亡した。ほかに20歳代の女性客2人もけがを負い、病院で治療を受けている。

12号車に乗り合わせていた乗客によると、小島容疑者は突然、「この野郎」と叫んで立ち上がり、隣の席にいた女性客に刃物を振り下ろした。


JR名古屋駅には10日午前2時15分頃、着いた。  





事件が起きた12号車に乗っていた愛知県岡崎市の女子大学院生は、新横浜駅を出発してすぐ、後ろの方で「キャー」という悲鳴を聞いた。「逃げてください」「刺した」「前に行けー」などの叫び声や怒号が飛び交う中、女性は別の車両へ逃げる乗客の波に押し出されるように避難。

通路には食べかけの弁当や靴が散乱し、はだしで逃げる乗客や泣いている女性もいたといい、「訳も分からず逃げた。とにかく怖かった」と振り返った。


http://www.yomiuri.co.jp



Powered by Blogger.