ブルックリンでバスを待っていた親子に乗用車が激突、母親死亡




火曜日の午後9時頃、ブルックリンでバスを待っていた母親と子供に乗用車が衝突し、母親は死亡、子供は大けがを負い、病院で治療を受けています。

事故は、カナーシーのカンザスのレムゼン・アベニューとシービュー・アベニューの交差点で、走って来たホンダのアコードがハンドル操作を失い、別の車に衝突後、車は歩道の縁石を乗り上げ、バスを待っていた2人に激突した。

大けがを負った女性(32歳)はブルックデール病院へ搬送されたが、死亡が確認され、6歳の息子は重体となっていたが容態は安定していると伝えています。 




ニューヨーク市警は亡くなった母親の身元確認をし、33歳のShaena Sinclairさんと伝えました。





隣人は、事故のあった2つの通りは非常にスピードを飛ばして多くの車が日頃から走っているんです、市は注意するべきだと思う。 

"彼らはスピードウェイとしてこのブロックを使用します。信号が緑色に変わると、レースウェイのようになります。 「DMVは何かをしなければならない、例えばスピードを測定するカメラを設置するなど、あるいは、このようなことが起こるのを防ぐためにスピード・バンプを作るべきだと思う」の語った。

事故を起こした2台の車の運転手は事故現場に残っていて、どちらもこの時点では逮捕されていません。


ABC7NYより




米国のアマゾンで買えるおすすめ価格の日本食材

              
Powered by Blogger.