無実の15歳少年”ジュニア”を殺した容疑者ら殺人罪で留置 ニュージャージー




ニュージャージー州のパターソン市警によると、1週間前にブロンクスのボデガストリートでマチェーテとナイフを使って少年ジュニアの首を刺して殺害した6人の聴衆会が終わったと述べた。




この事件は無実の15歳の少年”ジュニア”を集団で殺害した事があまりにも惨く、多くの国民やセレブたちが、法で裁く事を願い、少年”ジュニア”を追悼、セレブらは教会で行われる葬儀への費用の一部にとお金を寄付している。



事件犯行時


ニュージャージー州のパターソンに住居を置く容疑者6人、ホゼ・ムニズ(21) ホゼ・タヴァレス(21)マルティネス・エストレジャ(24)、ダニエルフェルナンデス(21)マヌエル・リベラ(18)、アントニオ・ヘルナンデス・サンティアゴ(24)は、第二級殺人、ギャング攻撃、武器所持、傷害、殺人等の罪で起訴された。

ホゼ・ムニズ(21)とアントニオ・ヘルナンデス・サンティアゴ(24)は第一級殺人罪でも起訴された。  警察は新たにマヌエル・リベラに対し刑事訴訟を起こした。

ここに上げた8人の容疑者全員が、レザンドロ・グスマン・フェリス君の殺害に関与したとして、パターソンで拘留されている。




ドミニカン・ギャングメンバー




最初に逮捕されたエルヴィン・ガルシア(23)対して殺人、過失致死、武器所持等で逮捕、起訴した。




今週最初にブロンクス在住のケビン・アルバレス容疑者(19)を殺人、過失による殺害、ギャング攻撃と暴行で逮捕し起訴した。

ニューヨーク州、ニュージャージー州ともに死刑はない。