X JAPAN・hide没後20年 難病少女との秘話


ツイッターより


1998年にX JAPANのギタリストhideが突然、この世を去ってから5月2日で20年となった。

12月31日に初めて会って、1月には手紙が届きました。「ロスに行くけれど、真由子とドームで会えたおかげで忘れていたことを思い出させてくれてありがとう」という内容でした。3月4日が誕生日なんですけど、入院していたんです。そのとき、hideさんは海外にいたんですけど、帰国予定を1日早めて病院にお見舞いにきてくれました。






――hideさんはどんな方でしたか?

 気遣いのできる人でした。最初に出会ったとき、打ち上げに行くまで控室で待っていたら「真由子、喉渇いてない?」って聞いてくれて。部屋の隅にクーラーボックスが置いてあったんですけど、hideさんくらいのビッグアーティストだと、スタッフさんにお願いすることも全然おかしくないじゃないですか。

でも、全部自分でするんです。烏龍茶を出して、プルタブを開けて、ストローをさして、「はい、真由子」って。

自分のゲストに関することは自分でする、というか。スタッフは音楽を作りに来ているから、他の仕事はさせないというスタンスだったのです。


続きはこちらから








葬儀




Powered by Blogger.