NY州ウエストチェスター群、5歳の少女がコヨーテに噛まれる




ウエストチェスターで、5歳の女の子が公園の遊び場で、コヨーテが少女に噛みつき、近くで見ていた母親が少女からコヨーテを追い払ったが、コヨーテは少女の左腕を噛んで離さなかったという。

日曜日、母親の見守る中で5歳の女の子が、ソーンウッド公園で遊んでいた。するとめったに人の前に姿を見せないコヨーテがやって来たという。

母親はまさか、コヨーテが人間に近寄って噛むとは思ってもみなかったと話している。

最初、コヨーテが子供の腕を噛んだ時、母親はコヨーテの頭を力一杯に足で蹴るとコヨーテは地面に倒れたが、少女の腕を噛んだまま倒れたという。

コヨーテは少女の腕を噛んだまま離れず、母親は大声で叫んで助けを呼びました。 痛がる子供を何とか助けようとコヨーテをまた足で蹴り、少女から離そうとしたが、離れずだったという。  

警察官によってコヨーテは射殺されました。

少女は病院へ行き、縫う傷を負っていました。 少女は狂犬病の注射をし、来週もまた続けて注射をする必要がある。

5月1日


            




Powered by Blogger.