トライステートで、暴風雨による被害、少なくとも5人死亡



写真は被害報告のイメージ

米東海岸を襲った15日の暴風雨により、大きな被害が出ている米ニューヨーク州並びに近郊の州(トライステート)では少なくとも5人が亡くなったと報告されています。

損傷している建物への被害はまだ全て把握されていない。 多数の被災者が電力が復旧しない困難な状況に置かれています。 

ニューヨーク州のオレンジカウンティ―では、車に乗っていた11歳の少女が倒れて来た大木に圧し潰され、死亡。 



写真は被害報告のイメージ


コネチカット州でも2人が死亡したと報告されており、警察当局によると、車に木が落ちた後に圧迫と打撲などのケガで死亡したと報告されている。

ダンベリーでは、木がトラックに倒れて車の中に居た男性が死亡。

ペンシルバニアの警察当局でも木が車の上に落ち、マシュー・ライアン(31)は、ジョナス・ロード沿いを走っていた時に現場で死亡した。

ニューヨーク州のクオモ知事は、Dutchess、Orange、Sullivan郡の緊急事態を宣言した。 17万人以上の世帯に電力が通っていません。





日本のアマゾン:痴漢防止スプレイ

         


Powered by Blogger.