北朝鮮が解放した米国人3人帰国、トランプ大領領と夫人が出迎え






U.S. President Donald Trump welcomed home three Americans released by North Korea at an air base near Washington on May 10.

北朝鮮による拘束から解放された米国人3人を乗せた飛行機が、10日午前2時過ぎにワシントン近郊の米軍基地に到着しました。

ドナルド・トランプ大統領は、北朝鮮から解放された3人のアメリカ人を歓迎し、朝鮮半島の非核化を目指す約束の兆候を伝えた。

トランプ大統領は、北朝鮮最高指導者の金正恩(キム・ジョンウン)氏にアメリカ人を解放したことに感謝し、金大統領が韓半島の非核化に関する合意に達することを望んでいると述べた。 大統領は、「本当に彼は何かをしたいと思う」と述べた。

3人を出迎えたのは、大統領とメラニア夫人、マイク・ペンス副大統領。ポンペオ国務長官および他が、ワシントン近くの空軍基地・アンドリュースでで出迎えました。

北朝鮮で刑務所に収監されたいた、キム・ドンチョル氏、ソン・キムハク氏、トニー・キム氏ら3人は、長年の敵対関係の温暖化の中、水曜日に解放されたと各メディアが報じた。

午前3時ごろ、大統領と夫人は医療用飛行機に搭乗し3人と機内で面会しました。その間の数分間は、テレビ中継はなし。




その後、大統領と夫人と共に3人は飛行機の階段の上に現れ、勝利のジェスチャーかの様に手を揚げてVサインをしていました。 彼らの姿が見えると米国の拍手と歓声が沸き上がりました。

"これは本当に素晴らしい3人のための特別な夜です"と、トランプ氏は記者団に語った後に、大統領は、冗談交じりで「おそらく午前3時の生中継は、過去の記録を破ったでしょう」と記者団に伝えた。

2018年5月10日





Powered by Blogger.