行方不明のニューヨークタクシー運転手、イーストリバーで遺体発見




NYTWA=ニューヨークタクシー労働者連盟は、昨日イーストリバーで発見された遺体は、行方不明だったキャブの運転手ケニー・チョウさんだと確認されました。

5月11日以来行方不明だったイエローキャブ(黄色のタクシー)運転手のチョウさんは、妻の病気と経済的な問題で悩んでいたと知り合いが話していた。

チョウさんは「絶望感」の中で自殺したとニューヨークタクシー労働者連盟は述べた。



写真はニューヨークのイエローキャブ


NYTWAの代表によると、ここ最近数ヶ月の間で、自殺したイエローキャブの運転手は4人で、チョウさんは5人目だと述べました。

「ケニーが死を選択するまでの危機と、最近数ヶ月間に自殺に追い込まれた他の4人のキャブ運転手を未然に救う事が出来たと思う。」とNYTWAの代表は告げ、近年のUberとLyftに対しても以下の様に述べている。

 「ニューヨーク市では、自動車配車業の「UberとLyft」が拡大し、ニューヨーク市で働くプロの運転手であるわれわれの人生生計を壊してしまった」と語った。 

チョウさんはタクシー運転手は必ず必要な、「メダリオン」のためにローン70万ドルを借りており、しばしば14時間の仕事のシフトをこなしていた。そして、チョウさんの妻はステージ4の結腸癌と宣告され、チョウさんは悩んでいました。とチョウさんの弟が、今週初めにNBCニューヨークに語った。




                 







Powered by Blogger.