5歳の男の子からコカイン陽性反応、母親逮捕 デトロイト





5歳の少年がコカイン陽性反応が出たと診断されデトロイトは捜査を進めた結果、少年の母親を逮捕しました。

子供の母親は少年がおかしな言動や行動が取ったので、病院へ連れて行ったという。 

病院に到着後、病院側が子どもの尿検査を行った結果、コカインの陽性反応が出たと警察へ連絡。 病院側はコカイン反応を調べるための尿検査ではなく、通常行う検査の過程での偶然に発覚した事だった。

少年の母親(38)は「全く分からない、どうやって?息子がコカインを触れたのか、不思議で仕方がない。」と警察に伝えたという。

警察は午後5時30分頃に小児病院に到着し、逮捕した母親の件も含めて、児童福祉センターの担当者と会い話をした。

DPD児童虐待ユニットのメンバーと児童保護サービスもこの5歳の少年の保護をする事が現時点で決定しています。

5月16日(水)




See a ball game with some New York Yankees tickets!
※ヤンキースのチケットの購入は英語での申し込みとなります。



Powered by Blogger.