スイスのアルプスで17歳邦人男性滑落死 父と登山


Photo: クレバス(氷河の割れ目)


スイス南部バレー州のアルプス山脈で10日、父親と登山していた日本人男性(17)が標高約3200メートルの地点でクレバス(氷河の割れ目)に落下し死亡した。ANSA通信が11日報じた。

 男性はスイス北部チューリヒ州在住。在スイス日本大使館は遺族の希望として、男性の氏名や出身地を明らかにしていない。父親は無事だった。

 男性は9日、スイス南部ツェルマットを出発。10日に父親と登山していた際、深さ約12メートルのクレバスに落ちた。救急ヘリコプターで搬送されたが死亡が確認された。

 スイス・アルプスには日本など世界各国から多くの登山客が訪れるが、滑落などの事故が絶えない。

(共同)





Powered by Blogger.