ブルックリンの公園でバラバラ殺人、家族や友人らが公園で追悼 woman-found-dismembered-in-park




被害者のブランディ・オドムさん


12日夕方、ブルックリンのカナーシー・パークでバラバラ遺体で発見された女性の母親と家族や友人達が集まって追悼を行いました。

カナシーパークの自転車道に沿って、子供のいる26歳の母親、ブランディ・オドムさんの遺体が見つかったのは、犬の散歩中の女性でした。

発見者は公園内の自転車道に沿って歩いていた時にオドムさんの胴体を見つけた。

その後、警察はオドムさんの手足を最初に胴体が見つかった場所から約1キロほど離れた場所で発見した。





家族や友人らが公園で追悼




被害者オドムさんの母親は、娘は幾つになっても私の子供、どうしてこんな目に合わなきゃいけないの、犯人を早く逮捕して欲しい、娘は死ぬ時期ではない、神だけがそれを知っているし、神はこれからも私たちを見守ってくれる。

もし、私の娘が白人なら警察はもっと早く捜査を行うはず! 私たちの肌の色だか捜査は遅いんだよ、娘がアフリカン・アメリカンだから犯人もすぐには見つからないさ!と語った。







Powered by Blogger.