米42年前の12人殺害45人を強姦した黄金州の殺人鬼逮捕 カリフォルニア州





米国カリフォルニア州のサクラメントで、1976年から80年代にかけて、12人を殺害、45人を強姦した殺人鬼で、元警察官の男が同州のサクラメントで火曜日に逮捕されました。 

長くに渡って警察が捜査を続けていたこのコールドケース、ケースの名は、「ゴールデンステート・キラー=黄金州の殺人鬼」。"Golden State Killer" 

黄金州の殺人鬼と言われ続け、警察の目を潜り抜けていた容疑者の男、ジョセフ・ジェームス・デアンジェロ(72歳)は、カリフォルニア州のサクラメントの郊外のスリーピー・シトラス・ハイツに住んでいました。

逮捕された場所は、デアンジェロ容疑者の自宅の近くで、逮捕容疑が固まったのは、遺留物と容疑者のDNA型が一致したと警察は発表。

容疑者は60年代後半に米海軍に入隊歴があり、その後70年代にはカリフォルニア州のサクラメント、ヴィサリア群で警察官として勤めていた。

だが1979年に万引きで捕まり、警察を解雇されている。 その時に盗んだ物は犬の目に吹き付けるスプレーとハンマーだった。

のちに警察が事件を調査して行く上で、デアンジェロは警察官として勤務していた頃から殺人や強姦を繰り返していた事がわかった。 

日頃は親切な警察官のフリをして殺人や強姦をしていた容疑者だった。 


被害者たち


1976年の事件当初から2018年4月までのデアンジェロの生活や経歴はまだわかっていないが、家族がいる事と逮捕の決め手となったDNAの照合は家族のDNA採取からの可能性が高いとニュースメディアは伝えている。

逮捕された日、デアンジェロが自宅から出て来た姿を警察の捜査チームらが確認。 家を包囲していたが、自宅から少し離れた場所で、デアンジェロを逮捕した。 逮捕された時には家族は自宅にはいなかった。 

デアンジェロは警察に職務質問され、本人確認のために名前を聞かれた際に既に困惑した表情だったという。 

デアンジェロは警察官に「家でオーブンを使っているから・・・」家へ戻る必要があると言わんばかりに口走っている。 だが、警察はその言葉に対し、「それは問題ない大丈夫だ、気にするな」と伝えたという。 

逮捕に関わった警察官は、容疑者の頭によぎったのは、飛行機で逃避行でも考えただろう。と語っている。

だが、逃避行は既に無理、逃げ切れると思うな殺人鬼!と言いたい42年前の事件の逮捕は、時効のない米国であるから逮捕につながったのでしょう。

平成30年4月26日





See a ball game with some New York Yankees tickets!
※ヤンキースのチケットの購入は英語での申し込みとなります。


Powered by Blogger.