焼身自殺、死を持って訴えたニューヨークの有名弁護士 ブルックリン





昨日、ニューヨークで同性愛者の結婚を認める運動や同性愛者の社会での取り組みなど数多くの実績を残した弁護士のデビット・バッケルさん(60)がブルックリンの公園で焼身自殺をしました。 ニューヨーク市警は遺体の身元をバッケルさんだと明らかにしました。

自殺の理由は、環境破壊に対しての怒り、激しく抗議して死に至ったと伝えられました。 






警察の調査でわかっている事は、ブルックリンのプロスペクト・パークで、土曜日の早朝に発見された60歳のデイビッド・バッケル氏の遺体の側に遺書とショッピングカートが置いてあったと伝えた。

遺書の内容は、この惑星の破壊を止める事を私の死は意味すると書かれ、自分自身を燃やすために化学燃料を使用する。

環境破壊の改善に立ち向かっていた同氏は、この死によって将来、多くの事が変わる事を望んでいる、私の死を尊重して下さい。と書かれていました。 


バッケル氏は、ネブラスカ州で殺害されたトランスジェンダーの被害者の男性を含む訴訟で主任弁護士を務めた。







ニューヨークの観光、学校、掲示板、ゲストハウス

ヤンキース試合チケットを地元で買う、英語のサイト




Powered by Blogger.