サウスウェスト航空、エンジン爆発で破片が窓ガラスを割り、乗客が外に吸い出され死亡



Joe Marcus/Twitter


写真は酸素マスクを着用する乗客


17日午前11時20分、サウスウェスト航空のジェット機が、ニューヨークのラガーディア空港を飛び立ち、ダラスに向けて飛行中に左のエンジンが故障し、フィラデルフィアの空港に緊急着陸。

左エンジンが爆発し、その破片が窓ガラスに当たってガラスが割れて、乗客一人が死亡しました。

早い時間のニュースではけが人については報道されていませんでしたが、夕方の報道で、一人が死亡したと伝えています。



Marty Martinez


窓ガラスが割れて乗客が外へ吸い出される最も想像したくない飛行機の事故となりました。 亡くなった女性はガラスの割れた窓側に座っていたそうです。

目撃者は、女性が部分的にエンジンの近くの窓から吸い出されるのを見えた。と述べている。

関係者はこれらの詳細を確認していない。







Powered by Blogger.