NY クイーンズで行方不明の2歳の男児、無事に保護 父親は警察が拘束




火曜日から行方不明となっていた2歳の男児が、クイーンズのハイランドパークで無事に保護されたとニューヨーク市警が伝えました。 

火曜日以降に男児と一緒に居た実の父親は、すでに拘束されているが、起訴は保留中となっています。 

保護された子供の見た目は全く問題ないが、念のため病院に運ばれ健康診断を受けました。 男児は良好な状態であると医師が報告している。

父親のジョセフ・マルティネス(51)は、月曜日に息子のアダム・エル・アラウィー君(2)と過ごし、翌日の火曜日にはクイーンズのジャマイカ161ストリートにある児童サービスセンターへ息子を返さなかった。

児童センターの職員によると月曜日にアラウィー君を引き取りに来た時からマルティネスが不審な行動をしていたため、職員はアラウィー君を連れて行く事を許可しないと決めたが、父親はアラウィー君を奪い取って児童センターを去ったのでした。 

職員はすぐに警察へ連絡を入れ、父親がアラウィー君を連れてどこかへ行ってしまった事を告げた。連絡を受けた警察は、父親であるマルティネスの過去の犯罪歴を調査した。

父親であるマルティネスは1983年に強盗殺人事件で逮捕され、刑務所で約30年間服役した元受刑者である事、2016年には子供に暴力をふるい逮捕されている事からアラウィー君が無事である事を願って捜査を続けていた。

アラウィー君は元気な姿で発見された後に保護され、無事だった。


米国のアマゾンで買えるおすすめ価格の日本食材

              



ニューヨーク留学なら語学学校選びから




Powered by Blogger.