NYロングアイランドでバットを持った狂気の男、警察が射殺






ロングアイランドの警察は、道路の譲り合いでカーチェースをしていた2台の車の内の1台の車を運転していた男性が野球のバットを持ってもう1台の車をバットで破壊し、運転手と助手席の男性の頭部をバットで殴った。

警察へ通報が入り、警察官らは現場へ急行すると警官は男を追跡し、警官らがバットを手から離す様に指示したが男は拒否したため、警官が男に向けて発砲。

男は病院へ搬送されたが死亡が確認された。

事件は月曜日の午前10時30分頃、Great NeckのBayview AvenueとEast Short Roadで起こった。

ナッソー郡警察長官パトリック・ライダー氏は、容疑者の男がバットで2人のけが人を出し、警官がバットを手から離す様に伝えてが聞き入れず。 

警官はバットを落とすことを拒否したときにスタンガンを使用し、それでも男が前進したときに彼を撃ったと説明している。 

バットで頭を殴られた2人の男性は入院している。

ニューヨーク市警によると同容疑者は先週末、マンハッタンで2台の車両をハイジャックし、ブルックリンで歩行者をはねた事故を起こしていたと伝えている。







Powered by Blogger.