インド:切断された患者の男性の脚を男性の枕に使用で、医師2人停職処分 







インド北部ウッタルプラデシュ(Uttar Pradesh)州にある国立病院で、脚の切断を余儀なくされた男性患者(28)に対し、男性の頭を支えるため切ったその脚を枕代わりに使用するという不祥事が発生し、当局は医師2人を停職処分にして調査に乗り出した。病院関係者が11日、明らかにした。

 問題は、担架に乗せられた男性の頭の下に自身の脚が置かれている写真が公開されたことで発覚。これを受けて病院運営者らは、「厳格な措置」を講じる方針を示した。






 男性はバスの事故で重傷を負った。地元の報道専門局NDTVによると、親族が病院職員に対し、男性に枕を与えてほしいと訴えたものの聞き入れられず、「病院に到着して目にしたのは、自身の脚の上に頭を載せている姿だった」という。

 インドの国立病院は深刻な財源不足で設備も整っておらず、過密状態となっている。ごくわずかな専門医らが、大勢の患者の治療に当たっている。


(c)AFP










Powered by Blogger.