ニューヨーク最大規模のライカーズ刑務所内で、刑務官が受刑者6人に暴行され重体



ジーン・ロストン・サファラント刑務官(39歳)


ニューヨーク市にある米国最大規模の刑務所=ライカーズ刑務所で男性刑務官が受刑者たちに暴行され重体となっています。 

拘留センター内で21歳以下の受刑者たち6人に暴行され、サファラント刑務官は脳の手術を受ける程のひどいケガを負いました。




監視カメラに写っていた暴行現場


ジーン・ロストン・サファラント刑務官(39歳)は、ギャング・グループのBloodsのメンバーによって攻撃された。

暴行された刑務官は、意識を失って頚部と背骨を骨折し、意識を失くして病院へ運ばれ脳の手術を受け、今も重体の状態が続いている。

今回の暴行はおそらくライカーズ 刑務所で現在に至るまで最悪な暴行事件だと刑務所長がテレビの取材で語った。

刑務所長によると暴行した6人全員が同じギャングの仲間で、また全員が21歳以下だと話している。







Powered by Blogger.