遺体で発見された男性、出会い系で知り合い殺害された可能性 ワシントンDC



殺害されたMarty McMillan Jr.


ワシントンDCで昨年の4月から行方不明になっていた22歳の男性が10月に遺体で発見され、殺人事件として捜査を続けている地元警察によると亡くなった男性が4月、オンラインで知り合った女性と最後に会っていた事がわかりました。

昨年10月に男性の遺体は、スイットランド パークウェイの樹木がまだ少し茂っていた場所で見つかった。遺体は行方不明になっていたMarty McMillan Jr.のものであることが確認されたばかりだという。

被害者の男性の祖母の話では、男性は4月にインターネットで知り合った女性とデートをすると話していたという。

男性は、出会い系のサイト、Plenty of Fishを利用していたという。 警察は現在、被害者が誰とデートをしていたかを調べています。 

有力情報には$25000の懸賞が支払われる。


2018年1月12日





                 





Powered by Blogger.