ブルックリン、女子学生がナイフで他の女子学生に切りつけられ負傷






学校関係者によると15歳の女子学生が木曜日にブルックリンのウィリアムズバーグの高等学校で、別の女子学生と喧嘩になって16歳の女子学生をナイフで切りつけたと伝えています。

二人は、ブルックリンのグランド・ストリート・キャンパス・ハイスクールに通う学生。

16歳の左腕をナイフでを切りつけられ軽傷を負ったと、警察官は述べた。負傷した女子学生は安定した状態でウッドハル病院に運ばれ手当を受けました。

2人は議論していたが、正確には何について議論していたかについては不明と警官は述べている。 15歳の女子生徒は逮捕され、告訴は保留中。

金属探知機を設置していない学校でのナイフを使用した事件について、探知機を設置する事を検討する見込み。 ナイフは警察によって回収された。


事件が起きた学校は、Grand Street Campus High School

2018年1月11日







Powered by Blogger.