「壊れたお友達=人形たちを直します」ポルトガル最古のおもちゃ病院






ポルトガルの首都リスボンの中心部に、小さくて壊れやすい患者のための「病院」がある。患者の多くはバラバラでボロボロ、中には100歳以上の患者もいる。  

この珍しい病院では、子どもたちの大切な人形の割れた頭や壊れた手足、どこかへ行ってしまった目などを治療している。  







5世代にわたっておもちゃを修理し続けてきたというこの病院のオーナー、マヌエラ・クティレイロさん(72)は、「今まで世界中のさまざまな国や年齢層の顧客の人形を治療してきました。美術館や個人のコレクターから修復を頼まれたこともあります。ですが、一番多いのは人形に愛着のある持ち主個人からの依頼です」と語る。  









全ての「患者」にカルテがあり、修理は女性3人の優秀な「外科医」たちが入念に行う。引き出しには頭や手足、目玉といった、さまざまな人形用パーツが入っており、外科医たちはそこから新しい部品や髪を選んで使う。  

リスボンの人形病院が創立されたのは1830年。観光ガイドによると、この病院はポルトガル最古の病院の一つだという。


(c)AFP/Thomas CABRAL






Powered by Blogger.