中国当局、日本人信者10人以上を一時拘束 国外追放に





世界各地で活動する宗教団体の日本人の信者10人以上が、先月、中国南部の広東省で一時的に拘束され、その後、国外追放となっていたことがJNNの取材でわかりました。中国政府は、国内で外国人が布教活動を行う事を、法令で禁じています。  

先月、広東省で中国当局に拘束されたのは、世界各地に支部を持つ宗教団体に所属する10人以上の日本人信者です。関係者によりますと、信者らは一時的に拘束されましたが、その後、国外追放になったということです。

中国政府は、外国人が中国国内で、中国人を対象に布教活動を行う事を法令で禁じています。  宗教団体の担当者は、取材に対し、「どのような理由でこのような扱いを受けたのか、事実関係を把握した上で対応したい」とコメントしています。

http://news.tbs.co.jp




Powered by Blogger.