6歳児に性的暴行、逃げようとして44歳の男が窓から滑って死亡 クイーンズ





8日、クイーンズのジャクソンハイツのアパートの一室で、その家に住む男、エドガール・コラグアゾ(44)が6歳少年に性的いたずらをしていた所を少年の母親にみつかり、1時間後に窓から足を滑らせて地面に落下し、死亡した。

亡くなったはコラグアゾは、95丁目のジャクソンハイツのアパートに賃貸で住み、ルームシェアで子供の居る家族と一緒に暮らしていたという。 

事件が起きたのは、6歳になる男の子の誕生日会をその家族が開いた夜の事だった。

誕生日会も終わり、コラグアゾの部屋で、誕生日の男の子(6)と従妹の女の子(5)が遊んでいた。 

すると女の子がコラグアゾの部屋から出て来て、少年の母親に部屋の様子を話しながら、コラグアゾの部屋を指さして、コラグアゾの変な態度を説明したという。

母親は怪しいと思い、男の部屋を覗くと男がベッドの上で、6歳の少年の下半身を触っていた。  母親はおぞましい一面を見た事を親戚に伝え、親戚は男を殴り、警察に突き出すと叫びながらかなり強く殴ったという。





警察へ通報した家族は、部屋に居るはずのコラグアゾが部屋から居なくなっている事を知り、部屋中を探したという。 

コラグアゾの部屋の窓から真下を見ると地面に倒れたコラグアゾを発見した。 

わいせつな行為をしたコラグアゾを捕まえてもらうために警察へ通報していたが、警察がアパートに到着した時にはコラグアゾは既に息を殆どしていなかったという。

警察によるとコラグアゾは、自室の4階の窓から逃げようとして、足を滑らせ、真下の鉄のフェンスに落ちた後に地面に落ちたとみられる。

コラグアゾが亡くなる前、多量の酒を飲んでいた。

ニューヨーク市警の記録によると亡くなったエドガール・コラグアゾ(44)は婚姻者で、妻とは別居。 過去に5回の逮捕歴があったと伝えた。


2017年11月12日






Powered by Blogger.