老夫婦の家に強盗事件、容疑者まだ捕まらず、100歳の妻は無事




11日の午後3時30分、ブルックリンのスタイベサントで、強盗が老夫婦を毛布で巻き付けたあと縛り、家の中にあった金目の物を盗んで逃走した事件で、100歳になる奥さんは無事、91歳の夫は心臓発作のため、病院へ運ばれて亡くなりました。

※昨日のニュースでは妻は99歳と報道されていました。

夫婦らは寝室に居る時に強盗が寝室へ入って来たという。 シーツで2人の手首をくくりつけた後に2人を縛った。 

強盗4人が家から出て行くと妻はシーツを腕から取り省いて、自由になって警察へ通報が出来たという。 警察が到着した時には夫はぐったりしており、返答がなかった。 救急車で病院へ運ばれたが死亡が確認されました。 

医師の話では恐怖からのショックで心臓が停止したのではないかと伝え、外傷などはない。と伝えました。 100歳になる妻は無事だという事です。

強盗はまだ捕まっていない。

2017年10月12日





 

Powered by Blogger.