NY 15歳少年”ジュニア”に別れを告げ、ブロンクスの教会で葬儀





6月27日(水)15歳の少年”ジュニア”の葬儀が行われ、参列者たちは最後の別れを告げました。





ポールベアラー(pallbearer)の男性たちがニューヨーク・ヤンキースのユニフォームのTシャツを揃いで着ていました。 亡くなった少年”ジュニア”が好きだったチームなのかもしれません。






突然この世からいなくなった若い15歳の少年の棺を涙なしで担ぐ事は無理だと思います。




刺された後に店に助けを求めたが出て行けと指さされた少年は数分間は店の前に座っていた。

人違いで集団に襲われ、怖く、恐怖で痛みもそうですが、どんな思いで亡くなって云ったのかと考えるとジュニアを知らない私でさえも深く考えてしまいます。



少年の父親は手に”ジュニア”の顔を刺青で入れたそうです。



少年”ジュニア殺害事件” 19歳容疑者、無罪を主張 ブロンクス事件